語と品詞

品詞は言葉の機能です。
品詞には名詞,動詞,形容詞,副詞,前置詞,接続詞,間投詞があります。

単語と品詞は1対1で対応するわけではありません。
例えば「play」は名詞又は動詞として使うことができます。
「up」は名詞,動詞,形容詞,副詞,前置詞として使うことができます。
「for」は前置詞,接続詞として使えます。

ある単語が様々な品詞として使われることは珍しいことではありません。

学習において,例えば「play」は動詞,「up」は副詞であると固定してしまうと混乱が起こります。

むしろ,全ての単語は全ての品詞になる可能性があると捉えておいた方が言葉の実態に即しているように思います。
辞書に書いてある品詞は一般的な傾向を示していると考えましょう。

早稲田過去問解説 理工学部 英語 2019 基幹・先進・創造

[2] Multiple intelligences (MI) theory, on the other hand, pluralizes the traditional concept. An intelligence is a computational capacity - a capacity to process a certain kind of information - that originates in human biology and human psychology. Humans have certain kinds of intelligences, whereas rats, birds, and computers foreground other kinds of computational capacities. An intelligence entails the ability to solve problems or fashion products that are of consequence in a particular cultural setting or community. The problem-solving skill allows one to approach a situation in which a goal is to be obtained and to locate the appropriate route to that goal. The creation of a cultural ( A ) allows one to capture and transmit knowledge or to express one's conclusions, beliefs, or feelings. The problems to be solved range from creating an end for a story to anticipating a winning move in chess to repairing a quilt. Products range from scientific theories to musical compositions to successful political campaigns.

Text I, Question 2
Which of the following words fits in blank A?
a. problem    b. product   c. conclusion   d. computational

[2] 第4文
intelligence は以下の2つを entail している。
solve problems: 問題を解く
fashion products: ものを作る
ここでの fashion は動詞で,意味は make と近い。
普段から「品詞」を意識することが大切。

fashion: 名詞,動詞
fashionable: 形容詞
fashionably: 副詞

そして,problems と products について交互に説明が行われる。

The problem-solving skill allows one to approach ...
The creation of a cultural ( A ) allows one to capture ...

The problems range from creating ... to anticipating ...
Products range from scientific theories to musical compositions ...

このように見れば,(A) に product が入るのは明らかである。

【要点】
solve problems
⇒ problem ... allows one to ...
⇒ problems range from ... to ...

fashion products
⇒ product ... allows one to ...
⇒ products range from ... to ...

The Patchwork Cat

Nicola Bayley & William Mayne
英語。絵本。初版1981年。
猫の Tabby がお気に入りのキルトを取り戻すちょっとした冒険。 様々なトラブルに会いながらも必死にキルトを守るタビー。 絵はかわいいけど,必死なタビーの顔がちょっと恐いかも? ところどころ難しい単語もあるが,中学3年生程度の英語力で楽しめると思います。

頻度の副詞 | Frequency Adverbs

frequency (頻度)は物事がどれくらいくりかえし起こるかということ。
英語を勉強しているとよく出てくる always (いつも)や sometimes (ときどき) などは頻度を表す副詞と呼ばれています。

以下は VOA Everyday Grammar: Frequency Adverbs の頻度の副詞のまとめです。発音は動画でチェックしてください。 
Always 100%
Usually 90%
Often 75%
Sometimes 50%
Occasionally 30%
Seldom 10%
Rarely 5%
Never 0%

News Words: Unique

【スクリプト】
Welcome to the Voice of America's News Words
Pineapples are not just for eating.
Soon, you might be wearing a pineapple - in some form.
UNIQUE
Carmen Hijosa created a material called piñatex from the fibers of pineapple leaves.
Piñatex has been used by hundreds of fashion manufacturers to make clothing and shoes.
Altiir is a clothing company that makes jackets with the material, giving them a unique look and feel.
Unique means that someone or something is not like anyone or anything else. It is something or someone singular, without equal.

【コメント】
パイナップルの葉でできた素材,パインテックス。どんな感じがするのでしょうか。見た感じ軽そうですね。
something singular: 並はずれたもの
without equal: 比類ない

PPC 普通紙複写機

コピー用紙を買う時に「PPC」と書いてあって何のことだと思った。
PPC = Plain Paper Copier
plain paper: 普通紙
copier: 複写機

PPC は普通紙複写機,つまり普通紙が使えるコピー機ということ。
従って,PPC用紙は普通紙複写機用の紙ということ。
つまり,PPC用紙 = 普通紙ですね。

important「重要な」【単語】

important

important は中学2年生で学習する必出の形容詞で,その意味は「重要な」です。

形容詞なので名詞を修飾することができます。
例: an important book (重要な本)

受験では “It is important for O to do” の構文がよく出てきます。

意味は「O が do することは重要である」となります。
英作文でも使用できるように練習しておきましょう。

It is important for him to get the job.  [Genius]
(彼が職を得ることは重要です。)

It is important for you to learn a foreign language.  [Sunrise]
(君が外国語を学ぶことは重要です。)

for O 部分を「Oにとって」と訳すこともできます。

派生語

important の派生語をまとめておきます。

名詞:importance (重要性)
動詞:import (重要である)
形容詞:important (重要な)
副詞:importantly (重要なことには)

import は「輸入する」という意味の方がなじみがあって,important の派生語と言うと違和感がある方もいるかもしれません。

important を分解すると以下のようになります。
im: 中へ
port: 運ぶ
ant: 性質の

例えば,物を食べたとき,重要なものは体の中へ運ばれ(吸収),重要でないものは外へ運ばれ(排出)ます。「中へ運ぶ」ものは重要であるということです。このように考えると,import と important の語幹が同じであることも納得できますね。

A Baker's Dozen パン屋の1ダースは13個

普通,1ダースは12個です。
a dozen of pens ならペン12本です。
でも,パン屋の1ダース,a baker's dozen of pens ならペン13本になります。

パン屋の1ダースはなぜ13個なのでしょうか?

ブリタニカ百科事典 (Encyclopedia Britannica) によると,中世のイングランドではパンの分量が少ないと厳しい罰が与えられたからだそうです。罰金やむち打ちの刑だそうです。恐ろしいですね。パン屋さんは分量を間違えたら大変ですから,1ダース頼まれたら,パンを1つおまけでつけたそうです。

だからパン屋の1ダースは13なのですね。
a baker's dozen = thirteen

VOA Learning English の動画を見て,Baker's Dozen の発音や使い方をチェックしておきましょう!

接尾辞 ly の働き 名詞を形容詞に,形容詞を副詞に変える

名詞の friend(友達)に ly をつけると形容詞の friendly(友好的な)となります。形容詞の friendly に更に ly をつけると,副詞の friendlily(友好的に)となります。

この ly のように,ある言葉の後ろにつける言葉のことを接尾辞と言います。

接尾辞 ly には名詞を形容詞に変え,形容詞を副詞に変える働きがあります。

まとめ

friend(名詞)⇒ friendly(形容詞)⇒ friendlily(副詞)

類例

【名詞 + ly ⇒ 形容詞】の例
love(愛)⇒ lovely(愛らしい)
time(時)⇒ timely(時宜を得た)
order(整然)⇒ orderly(整然とした)

【形容詞 + ly ⇒ 副詞】の例
happy(幸せな)⇒ happily(幸せに)
quick(速い)⇒ quickly(速く)
real(本当の)⇒ really(本当に)

図表:接尾辞

 

ちょっと一息。ゆるい動物動画をどうぞ。

News Words: Hypothesis

スクリプト

Welcome to the Voice of America's News Words.
Scientists have discovered that songbirds, like humans, learn to make sounds by copying what they hear.

Hypothesis

Songbirds and humans have a similar brain structure for learning sound, say researchers at Rockefeller University.
Scientist Erich Jarvis formed a hypothesis that molecules guide brain connections that create paths to the voice box, permitting the copying of sounds.
A hypothesis is an idea or theory that is not proven.
Forming a hypothesis is the first step in the scientific method.